Z世代って何?Z世代の語源、特徴、年代は?カズレーザーがZ世代に苦言!

Z世代って何?Z世代の語源、特徴、年代は?カズレーザーがZ世代に苦言! 気になる出来事
【スポンサーリンク】

最近よく聞く“Z世代”
漠然と「最近の若い人たち」のことだと思っていました。

カズレーザーさんが“Z世代”という枠組みを
「古くさい」
「ダサい」
「Z世代って単語使っている人にあんまりちゃんとした人いない」
と発言したことから「言われてみればZ世代って何?」と、Z世代をよく知らなかったことに気づきました。

「Z世代」に限らず、何とな~く雰囲気で理解しているつもりになっていた世代分けも、実はよくわかっていない。

カズレーザーさんがZ世代に寄せた言葉

Z世代とは何か?Z世代の年齢は何歳~何歳までか?

Z世代”の語源、特徴、Z世代以外の世代について調べました。

【スポンサーリンク】

カズレーザーがZ世代に苦言

カズレーザーさんが“Z世代”という枠組みに対して、テレビや自身のYouTubeチャンネルで発言したコメントです。

「Z世代」という言葉は古臭い

カズレーザーさんのYouTubeチャンネルの「コメント返しシリーズ」は、視聴者から寄せられた相談にカズレーザーさんがコメントを言うというものです。

視聴者の相談は次の内容です。

2000年生まれのZ世代です。
いつまでも、昭和の価値観で物事を判断したり、老害が多すぎて嫌になります。(男はこうで女はこうあるべきや、結婚してない=ダメや、過度なパワハラ、セクハラを悪いと思わなかったりなど)。
特に大御所芸人A・SがMCのバラエティー番組での姿を見ると、特に昭和の嫌な価値観を感じます。どうして令和の今でもこんな昭和の古臭い価値観は消えないのでしょうか?
こんな嫌な価値観は消えて アップデートされてほしいです。
Y世代のカズレーザーさんは、昭和の価値観についてどう思いますか?

この質問に対してのカズレーザーさんが次のようにコメントを返しました。

「Z世代とかY世代って上の人が勝手に作った枠組みなんですよ。」

「本当に今の価値観にアップデートしたいんだったら こういう言葉は使わない方がいいですよ。古臭くみられます。

「もし Z世代に当てはまっているんだったら、絶対Z世代なんてダサい言葉使わないでください。昭和だと思われます。」

上の世代を批判しながら、自分自身は上の世代が作った枠組みに収まっている相談者に対して、「古臭い」「ダサい」ときっぱり言い切ってしまうカズレーザーさん。

これに対してコメント欄には、カズレーザーさんの回答を絶賛する声が寄せられました。

Z世代の質問に対する返しが秀逸。

常にカズレーザーさんの答えは斜め上をいってますね。

Z世代の方、質問内容見て「おやじ臭いな」と思いました。

【スポンサーリンク】

「Z世代」叩きに苦言

テレビ番組に出演したカズレーザーさんは、ネットで「Z世代叩き」という声が上がっていることにコメントしました。

番組では、飲食店などで迷惑行為をしてSNSに動画を上げる多くがZ世代の若者であることから、Z世代を叩く声が多く上がっていると指摘。

そんな「Z世代叩き」に対してカズレーザーさんは以下の発言をしました。

「いつの時代もいたバカが可視化されてるだけだと基本的には思います。」

「Z世代叩きって言葉は別に気にしなくていいのかなと思いますね。おじさんだったり、おばさんだったり、ちょっと前だったら団塊の世代って言葉もありますし、そういうラベリングでわれわれは語りがちですけれど、そういうのはその世代にいない人が勝手に付けてるもので、本質は付いてないのはわれわれは分かってるじゃないですか。」

「Z世代叩きなんて言葉を気にする10代、20代の子がもしいるんだとしたら、ちょっと冷静になってほしいですね。それは何の意味もない言葉なんで」

「言っちゃ悪いですけど、Z世代って言葉は昔の人が勝手に付けてる言葉なんで、SNSをちゃんと使いたいんだったら、楽しく使いたいんだったら、まずZ世代って言葉を使っている人のツイートとか見ない方がいいと思いますね。Z世代って単語使っている人にあんまちゃんとした人いないんで

どの世代にも問題のある人はいるし、世代に関係なく柔軟に対応できる人もいます。

SNSを利用する若者が目に見える状態でわかりやすく出てきていることで、それを世代一括りにして判断したり、影響を受けたりすることをわかりやすく指摘していますね。

【スポンサーリンク】

Z世代って何

「Z世代」という言葉は、アメリカの歴史学者や文化評論家たちが、それぞれの世代の特徴や文化的な側面を探るために作成した分類分けの一つで、世代を分類する際に任意の文字が使われました。

「GenerationZ(ジェネレーションZ)」は「Millennials(ミレニアル世代)」の次に来る世代を言葉で指す年代として「Z」が選ばれ、その後一般的に使用されるようになったもので、特に意味を持つ言葉ではないようです。

世代分けは何年から何年まで

世代分けに次のものがあります。

  1. 戦後ベビーブーム世代(Baby Boomers): 1946年から1964年頃まで生まれた世代。
  2. 戦後の縮小世代(Baby Bust Generation): 1965年から1980年代半ばまでの間に生まれた世代。
  3. X世代(Generation X): 1965年から1980年代半ばまでに生まれた世代。
  4. ミレニアル世代(Millennials)=Y世代(Generation Y): 1980年代半ばから1990年代後期までの間に生まれた世代。
  5. Z世代(Generation Z): 1990年代後期から2010年代初期までの間に生まれた世代。

特に決まった定義があるわけではなく、これらは一般的な分類で、地域や文化によって異なる場合もあるようです。

日本では「Z世代」は一般的に1997年から2012年の間に生まれた人々を指しているようです。

「Z世代」の次の世代は「α(アルファ)世代」と呼ばれます。

【スポンサーリンク】

Z世代の特徴

Z世代の特徴はいくつかありますが、主なものとしては次のようなことが挙げられます。

1. テクノロジーへの親和性
テレビよりもYouTubeやSNSなどの利用時間が多く、インターネットを日常的に利用しています。情報もネットから必要なもの、興味のあるものだけを収集して、不要な情報が多い新聞やテレビから離れる傾向にあります。
テクノロジーを身近なものとして受け入れ、積極的に活用しています。

2. 独立した考え方
Z世代は自分たちの考えや価値観を大切にし、従来の社会的な枠組みに縛られることを嫌います。自己表現や自己実現の重視が見られます。

3. 多様性への理解と尊重
Z世代はジェンダーや性的指向、人種、宗教などの違いを尊重し、多様な文化や価値観を抵抗なく受け入れる傾向があります。

4. 社会問題への関心が高い
幼い頃から東日本大震災などの災害を体験していたり、SDGsなど環境問題への取り組みが身近にあることから、社会問題への関心が高い傾向があります。

5. ブランドに対するこだわりが少ない
Z世代は自分の価値観を重視するので「知名度の高いブランド」「多くの人が持っている商品」にはあまり興味を示さないに傾向にあるようです。

【スポンサーリンク】

Z世代まとめ

Z世代の語源は、アメリカの Generation Zで、ミレニアル世代に続く世代として名付けられました。

Z世代は、1990年代後期から2010年代初期までの間に生まれた世代とされていますが、決まった定義はなく地域や文化で異なります。

日本では主に、1997年から2012年の間に生まれた人々を指しています。

Z世代はテクノロジーに精通して、創造性や独自性を重視して、社会的な問題に対する関心も高く、自分たちの価値観を表現することに積極的です。

ただ、あくまでも「そういう傾向にある」「そういう人が多い」ということであって、世代すべてを一括りにして判断することはできません。

カズレーザーさんの言うように、他人が勝手に作った世代に自分や他人を当てはめるのではなく、あくまでも目安のひとつと考えたほうがいいでしょう。

気になる出来事
【スポンサーリンク】
エンタメ時事ノート